ブラッド・ピット主演映画 興行収入トップ3!歴代ヒット作をおさらい

1.ブラピ主演映画の代表作って何!?

ブラッド・ピット
brad pitt 引用

誰しもが羨むその美貌を逆手に取るブラッド・ピット

初めての主演映画『リック』(1988)

その当時25歳

2019年時点では55歳

俳優としてのキャリアは30年以上になるブラッド・ピットは今なお進化し続けている

でも・・・

ブラピ映画の代表作ってなんだっけ?

ブラピ映画の中でも1番ヒットしたヒット作って何?

毎回、最新作が公開する度に話題にはなるけれど、

レオナルド・ディカプリオで言う代表作『タイタニック』(1997)

トム・クルーズで言う代表作『ミッション:インポッシブル』(1996~)

ジョニー・デップで言う代表作『パイレーツ・オブ・カリビアン』(2006~)

ブラピはなんだっけ?ってなってしまう

今日はそこでブラピの歴代ヒット作を紐解いてみる

ブラッド・ピットが挑むゾンビ映画

『ワールド・ウォー Z』予告編 引用

皆さんはご存知でしょうか?

2013年に大ヒットしたブラッド・ピット主演のゾンビ映画『ワールド・ウォーZ』(2013)

実はこの映画がブラピのキャリア史上最大のヒット作なんです!

世界規模で拡大する“謎のウィルス”と世界規模で発生する“Z

元国連職員のジェリー演じるブラピがその発生源と原因究明に世界を奔走する

パニック・エンターテイメント超大作!

どうですか!?

面白い企画でしょ!?

でも確かに今更ゾンビ・・・って感じもしますね・・・

ブラピのおすすめゾンビ映画『ワールド・ウォーZ』(2013)を今日はご紹介!

■目次

1.ブラピ主演映画の代表作って何!?

2.ブラピ史上最大のヒット作『ワールド・ウォーZ』

3.ブラピ主演映画 歴代ヒット作

4.まとめ

2.ブラピ史上最大のヒット作『ワールド・ウォーZ』

『ワールド・ウォーZ』ブラピ×ゾンビ映画が主演映画最高のヒット!
world war Z 引用

監督 マーク・フォースター

主演 ブラッド・ピット

出演 ミレイユ・イーノス ダニエラ・ケルテス ジェームズ・バッジ・デール ファナ・モコエナ

上映時間 116分

その時守るのは家族か、世界か

その日、ジェリー(ブラッド・ピット)と妻カレン(ミレイユ・イーノス)、2人の娘を乗せた車は渋滞にはまっていた。一向に動かない車列にこれがいつもの渋滞ではないことに気付くが、次の瞬間、背後から猛スピードで暴走するトラックが迫ってくる。必死で家族を守り、その場から逃げ出したジェリー。全世界では爆発的に拡大する“謎のウィルス”によって感染者は増加し続け、大混乱に陥っていた・・・

『ワールド・ウォーZ』(2013)あらすじ

『ワールド・ウォーZ』(2013) 公開まで6年を要する

ワールド・ウォーZ(2013)
World War Z 引用

ワールド・ウォーZ』(2013)の始まりは2006年にマックス・ブルックスによるゾンビ小説『World War Z』をブラッド・ピットが気に入り映画化を思い立った事からスタートする

その後公開まで6年の歳月を要する事になるとはつゆとも知らず・・・

とにかく皆の期待とは裏腹に、製作と撮影は困難を極めたらしい

監督と脚本家の対立、予算超過、未決のエンディング ・・・

全てが上手く回らず製作費は当初予定していた1億5千万ドルから膨れ上がり2億ドルに!

既に1億ドル以上の製作費を使っているにもかかわらず、主要スタッフは抜けていき、エンディングも決まっていない

もうこっちの裏話も映画化した方が面白いんじゃないかと思うくらいのドタバタ劇

監督マーク・フォースターの代表作『007 慰めの報酬』(2008)

アクションシーン撮影のセンスがまるでない

この作品でのマーク・フォースターの評価は辛辣なものだった

なので『ワールド・ウォーZ』(2013)ではアクション映画での挽回のチャンスと気合はハンパなかった

ブラピにとってもここまで大規模な超大作は出演も製作も初めてであり、キャリアを築く上で失敗は許されずプレッシャーはハンパなかったんじゃなかろうか

2011年7月から撮影はスタートし、11月に撮影は終了

2012年2月に行った関係者だけでの試写会では沈黙が流れた

エンディングがしっくりこない・・・撮り直しだ

当初の設定はマーク・フォスターがアクション映画を意識しすぎるあまりまるで

ランボーvsゾンビ軍団”のような映画となっており、配給会社“パラマウント”の幹部たちが納得できるものではなかった

製作費は膨らんでいるにもかかわらず、公開を後ろ倒しにする絶望的な状況の中、1人の脚本家が雇用される

「“世界を救う”のはいいけれど、それは“家族が再会する”ためでなくちゃならない」

脚本家デイモン・リンデロフは本作に足りないものを“家族の情愛”だとし脚本を書き直した

その脚本と情熱はPLAN Bの女社長デデ・ガードナーやブラッド・ピット、パラマウントの幹部たちの心を突き動かし

2012年10月ロンドンでの撮り直しがスタート

『ワールド・ウォーZ』はこうして多くの時間と多くのドラマによって完成した

『ワールド・ウォーZ』(2013)をレビュー

ワールド・ウォーZ(2013)
World War Z 引用

ゾンビが速い!多い!12秒でゾンビ化!

ワールド・ウォーZ(2013)
World War Z 引用

蟻塚に集まる蟻のごとく群がる無数のゾンビ!

こんなゾンビ観たことない!と言い切れる斬新なゾンビ体験

ゾンビ映画の最先端って感じでゾンビ映画好きにはおすすめの1本!

このシーンを制作するのに1年かかったという・・・お疲れ様です・・・

ブラピが初めて世界を救う

ワールド・ウォーZ(2013)
World War Z 引用

圧倒的スケールで描く本作

ゾンビ映画としてもこのスケールのものは類を見ないし、

ブラピの映画でも世界規模で展開する作品は今まで観た事がない!

でもスケール大きすぎて逆に薄っぺらくなってしまってる部分もあるような・・・

映像は文句なし!ドラマは普通かな、アクションはふつ・・・ごめん!マーク・フォースター・・・

ゾンビ映画のブロックバスタームービー

ワールド・ウォーZ(2013)
World War Z 引用

ブラピの映画となるどうしても僕は“ドラマ”に期待をしてしまう

なんで少し期待と違う部分にがっかりするところもあったけど

でもこれはゾンビ映画のブロックバスタームービー!

下品で低俗だったゾンビ映画を一般大衆向けにアップデートした知的なゾンビ映画

ブラッド・ピット初心者とゾンビ映画初心者には強くおすすめできる1本!

もっとクセのあるブラピが好きな方にはこの作品の正統派なブラピに逆に違和感を覚えてしまうかも

ゾンビの描写に時間をかけなきゃいけないので、早々に退場してしまう奥さんに感情移入がし難かったのが残念・・・

奥さん役のミレイユ・イーノスは個人的にはクロエ・グレース・モレッツ主演『イフ・アイ・ステイ』のクロエのお母さん役でいい味出してたから好きです

3.ブラピ主演映画 歴代ヒット作

第1位『ワールド・ウォーZ』(2013) 興行収入5億4千万ドル

ワールド・ウォーZ(2013)
World War Z 引用

第1位 『ワールド・ウォーZ』(2013)

興行収入 5億4千万ドル

比較的低予算で作られることが多いゾンビ映画の中でも群を抜いた製作費2億ドル

製作費も桁違いではあるけれど、過去のゾンビ映画の中でも群を抜いて高い興行収入

参考までに

『バイオハザードIV アフターライフ』(2010) 興行収入 3億ドル 製作費6千万ドル

ブラピの苦労が報われて良かった!

※日本語吹き替えではブラピの奥さん役を篠原涼子さんが吹き替え!

第2位『トロイ』(2004) 興行収入4億9千万ドル

『トロイ』ブラッド・ピット主演、最強の戦士アキレスがハマり過ぎの映画
troy 引用

第2位 『トロイ』(2004)

興行収入 4億9千7百万ドル

その当時ブラピ史上最大のヒット作となった本作

歴史上、史上最大の“愛の戦い”

ブラピが演じるのはギリシャ軍最強の戦士“アキレス

映像化不可能と言われた“トロイヤ戦争”が舞台となるスペクタクル・アクション超大作!

『トロイ』(2004)はしかも壮大な戦争アクションだけでなく、

複雑に絡み合うそれぞれの愛とアキレスの生き様が丁寧に描かれたヒューマンドラマとしても評価が高い作品

“PLAN B”としての初プロデュース作品!

とにかくブラピが蝶のように舞い、蜂のように刺す

美しく力強いアクションシーンは“ブラピ版グラディエーター

詳しくはこちらでもご紹介!

※Blu-ray&DVDには33分の未公開シーンを含んだディレクターズ・カット版が収録!!

第3位『Mr.&Mrs. スミス』(2005) 興行収入4億7千万ドル

Mr.&Mrs. スミス(2004)
Mr. & Mrs. Smith 引用

第3位 『Mr&Mrsスミス』(2005)

興行収入 4億7千8百万ドル

ハリウッド史上最もセレブな対決!

ブラッド・ピット VS アンジェリーナ・ジョリー

初競演作のアクション・エンターテイメント超大作『Mr&Mrsスミス』(2005)

実生活でもカップルになった2人の相性の良さは抜群!

見つめ合う2人の本気の恋

どこまでが本気でどこからが映画なの!?

『Mr&Mrsスミス』(2005)は

アクションとラブロマンスが絶妙にブレンドされた全く新しいジャンルの映画となっている!

こちらでも詳しくブログにしています

※こんな理想のカップルを目指したいな~って最終泥沼離婚なんだけどね・・・

4.まとめ

ワールド・ウォーZ(2013)
World War Z 引用

世界興行収入が5億ドルに達成した『ワールド・ウォー Z』の製作費は、公には2億ドルと言われているが、「素人集団で撮影中にトラブルが絶えず、エンディングの変更により公開が大幅に遅れるとともに、ブラッドが私費を費やし、その製作費は4億ドルにも膨れ上がった」と一部メディアが報じていた。

MOVIE WORKER 一部記事 抜粋

一歩間違えれば“世紀の大失敗作”にもなりかねなかった作品でもある『ワールド・ウォーZ』(2013)

そんな心配をよそに大成功を収めた本作は紛れもないブラピの代表作に!

アクション映画に振り切らずあくまで“家族の情愛”にフォーカスし、分かりやすいヒューマンドラマでエンターテイメント性に深みを持たせた

それが功を成し、世界中から共感を得る事に成功した

僕はもっと小規模な好き勝手に演技するブラピが好きだけど、

ヒット作の3本を観てみるとやっぱりヒットする作品のジャンルは超大作のアクション・エンターテイメントが多い

世間が観たいブラピと僕が観たいブラピは少し乖離があるのかもしれないけど

どんなブラピもカッコいいのが本当にせこい!!

Follow me!

コメントを残す