映画『イコライザー』完璧よりも前進を目指す人生でありたい名言・名セリフ

19秒で悪を倒す『イコライザー』名言・名セリフ

The Equalizer 2 引用

完璧よりも前進を

『イコライザー』ロバート・マッコール 名言・名セリフ

昼の顔は穏やかで誰が見ても良い人 
夜の顔は19秒で悪を征す“必殺仕事人”

“完璧よりも前進を”求める名優
デンゼル・ワシントン

新たな代表作『イコライザー』シリーズ!
そもそもデンゼル・ワシントンはシリーズものには興味がなかったのでは?

と思いきやインタビューでは

ただたんにオファーが来なかっただけ
『マルコムX 2』が作れると思うかい!?

と言う事でキャリア初でもあるシリーズ作品が
『イコライザー』!

作品選びに慎重なあの社会派の名優が脚本に惚れこみかつ本格的な“秒殺アクション”にも挑戦したこの映画は
本当に面白い!!

なおかつ深い!!

それは単なるアクション映画ではなくて
人生にとって大事なもの”を教えてくれるバイブル的な側面も持つ
メッセージ性が高い映画に仕上がっているから

ここがデンゼル・ワシントンらしい!

元CIAエージェントであり、殺しのプロ
でも哲学者のような人格者でもある主人公
ロバート・マッコール”のそれぞれの名言・名セリフについて
今日はご紹介したいと思います

目次

『イコライザー』悪に立ち向かう時に放った名言・名セリフ

イコライザー2(2018)
The Equalizer 2 引用

“痛みには2種類ある”

体の痛みと改心の痛み

今どちらか選べ

『イコライザー2』ロバート・マッコール 名言・名セリフ

『イコライザー2』(2018)のオープニングシーンで敵を追い詰めた際にロバート・マッコールが言い放ったセリフがこちら

そもそも“イコライザー”とは?

「均衡を保つ人・装置・システムなど」

「銃器や刃物などの致命的な武器」

のように色んな意味が含まれている

劇中で
俺がイコライザーだ!
なんてセリフは一切なく 

むちゃくちゃダサいし!

要はこの世の不正を自らの手で完全抹消するロバート・マッコールを例えて
イコライザー”と呼ぶ

キアヌ・リーブスの“ジョン・ウィック”のような人殺しの過去を持ち
バットマン”のようなダークヒーローでもある
ロバート・マッコール

1作目、2作目共に派手さはないけど
デンゼル・ワシントンの敵をにらみつける目の演技が特に素晴らしくて好きでした

君らが何になろうが興味ない

この世にクズは大勢いる

本来は代償を払うはず

だが世界は完璧じゃない

運が良ければ過ちを正す機会もある

だが大抵は罰を受けず逃れる

今回は逃がさん

私の友人を殺したんだ

だからお前たち全員を殺す

一度しか殺せないのが残念だ

『イコライザー2』ロバート・マッコール 名言・名セリフ

親友を殺されて怒り爆発!
殺した相手が殺し屋であれ元同僚だったとしても容赦はしない!

このシーンの
一度しか殺せないのが残念だ”のセリフが特に印象的

普段は超良い人なのにまるで殺しを楽しむかのようなセリフを言い放つ所に
めちゃくちゃ怒ってるじゃん!!
という感情が読み取れるようで恐怖・・・!

あまり感情を表に出さないロバート・マッコールの静かな怒りを表現した名セリフだと
僕は思っています

『イコライザー』夢を叶えるための名言・名セリフ

イコライザー(2014)
The Equalizer 引用

君はなりたいものになれるんだ

あなたの世界じゃね、私のじゃ無理

世界を変えろ

『イコライザー』ロバート・マッコール 名言・名セリフ

歌手を夢見ながらも、ロシア系マフィアに暴力で囲われて逃げ出せずにいる娼婦テリー役に
クロエ・グレース・モレッツ

※『クロエ・グレース・モレッツおすすめ映画!子役から女優への変遷』でも特集!

彼女と言えば『キック・アス』(2010)、『キャリー』(2013)の“少女”のイメージだったけど
そのイメージを大胆に覆す大人で汚れた“娼婦役”にチャレンジしたと世界中で話題に!

役のために10~15ポンド(4~6キロ)体重を増やしたわ

観客にクロエが演じるテリーではなく、リアルにテリーだと思って欲しかったの

1年を通して数多くの作品に出ているけれど、特にこの映画に関しては“あれは本当にクロエ?”という反応をして欲しかったの

『イコライザー』クロエ・グレース・モレッツ インタビュー

特に思い入れが強く頑張ったかいがあって
監督のアントワン・フークアも
クロエ・グレース・モレッツの事を大絶賛!

まだ16歳なのに大人っぽくて、若い頃のジョディ・フォスターみたいだ

実は娼婦テリー役の設定は24歳
そもそもクロエは若すぎてキャスティングの候補にすら入っていなかった・・・
なのにクロエはこの役をどうしても演じたいと思い
自らオーディションに臨み、役を勝ち取る事に成功!

→すげぇ・・・

『イコライザー』(2014)ロバート・マッコールに告げられた“世界を変えろ”をまさに体現!!
なりたいものになれるんだ

少し年を取ってはいますが僕もなれますかね・・・
ロバートさん・・・

『イコライザー』人生にとって大事な名言・名セリフ

イコライザー2(2018)
The Equalizer 2 引用

“やるはず”と“やる”は全く違う

誰でもできるが誰もやらない

で、皆は怒る

誰でもできることをやらないから

誰かがやるべきなんだ

『イコライザー2』ロバート・マッコール 名言・名セリフ

そんなのオーナーにやらせなよ、やるはずだ

と近所に住む若者の発言に対するロバート・マッコールの言葉がこちら

アパートの壁の落書きをゴシゴシとロバート・マッコールは消している
誰かが消してくれるだろ?なんでやるの?
普通の人は大体こう思うんだろうけど

でもそれが普通だったっけ?

この“やるはず”と“やる”の違いに気づけた人は
今から“やるべき”なのかもしれない

お前は選べる

お前には才能がある

環境だとか人種差別を言い訳にするな

チャンスはあるんだ

生きてる間に使え

『イコライザー2』ロバート・マッコール 名言・名セリフ

間違った道に進もうとする若者に
ロバート・マッコールが告げた人生の名言

こうやって側に正しい人がいてくれさえいれば防げる犯罪もあるのかもしれない

このシーンでのロバート・マッコールは厳しい言葉と凄い剣幕での言い方だったけど
若者への愛故のこのセリフ

若者からしたらその時は
オヤジ、うぜー”だとも思うけどね

暴力的なシーンも多いアクション映画『イコライザー』シリーズだけど
こういった人生にとっても大事な名言・名セリフも散りばめられているからこそ
何度も観返したくなる映画の1つなのだと思います

まとめ

The Equalizer 引用

人生で一番大事な日は二日ある

生まれた日、なぜ生まれたかを分かった日

『トム・ソーヤの冒険』マーク・トウェイン 名言

『イコライザー』オープニングシーンはこの言葉から始まる

1作目は“イコライザー”がなぜ生まれたかを知る物語
2作目は“イコライザー”としての日常を描く物語

皆さんはどちらがお好みでしたでしょうか?

僕はどちらかというと1作目の方かな~
でも2作目の方が感動しました

特に最後の・・・
は観た人だけのお楽しみ

3作目の予定は
アントワン・フークア監督はインタビューでは

3作目を作るなら次は世界だ

『イコライザー2』アントワン・フークア監督 インタビュー

と期待ができそうな発言もあり!
楽しみに続報を待ちたいと思います!

デンゼル・ワシントンをもっと知りたい方はこちら

また各作品の感想はこちらから
イコライザー』(2014)
イコライザー2』(2018)

※各リンクは@tomtaro5の映画感想インスタグラムアカウント

U-NEXTでも『イコライザー』シリーズは視聴可能!

そろそろ入りたい・・・

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる