『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』豪華キャストきっかけ3選!

1.あなたのきっかけ

あなたはなぜ今の仕事をしているのですか?

あなたはなぜそれを継続しているのですか?

あなたはなぜ今そこにいるのですか?

あなたの好きな食べ物、好きな本、好きな場所、好きな人はなぜ好きなんですか?“

“あなたの今があるその“きっかけ”はなんですか?”

何事にもスタート=“きっかけ”があるはず

今あなたはその“きっかけ”から時が経ち、遠く向こうにいるのかもしれません

“今の姿はなりたかった自分でしょうか?”

今の姿がどんな自分であれ今を必死で生きているのであれば

その“きっかけ”には意味があったのかもしれません

今日のテーマは“きっかけ”

■目次

1.あなたのきっかけ

2.『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』2019年夏公開決定!

3.クエンティン・タランティーノ監督とは

4.3人の“ハリウッドスター”と3本の映画

5.百聞は一見にしかず

6.まとめ

2.『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』2019年夏公開決定!

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』特報(8月30日公開)

ブラピ&レオ、そして新時代のハリウッドミューズ、マーゴット・ロビー

映画はご存知なくてもこの3人を見た事、聞いた事はあるかもしれません

2019年夏、3人の俳優が夢の競演を果たす新作映画が公開されます

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019)
Once Upon a Time in Hollywood 引用

“ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド” 

原題 “Once Upon a Time in Hollywood”

ブラッドピット(55)  レオナルドディカプリオ(44)  マーゴットロビー(28) 

3人の人気俳優の競演だけでも豪華なんですが、

この映画の監督兼脚本は“クエンティン・タランティーノ”

3.クエンティン・タランティーノ監督とは?

クエンティン・タランティーノ

代表作は「レザボアドックス」「パルプフィクション」「キルビル

僕の大好きな映画監督兼脚本家の1人

特に『パルプ・フィクション』(1994)は大好き!

アカデミー賞脚本賞を受賞した名実ともに評価されている映画

“パルプフィクション=くだらない話”が物語る通り

タランティーノの監督する映画はほとんどが“どうでもいい話”で構成されている

オムニバス形式で語られるその手法は普通の映画の感覚で見てしまうとその常識は破壊されます

本当に1つ1つのシーンに意味がなかったりする

でもなぜだか引き込まれてしまう

それは映画をこよなく愛する監督の情熱とその監督に絶大なる信頼を寄せた俳優達のプロの仕事がなせる業なんだと思います

監督の個性が全面に出る映画は珍しい

その中でも異彩を放つ“クエンティン・タランティーノ”監督の最新作

“1969年にハリウッド女優シャロン・テートがカルト集団チャールズ・マンソン・ファミリーに殺害された事件を背景に、ハリウッド映画界を描いた作品”

テーマのチョイスからしても個性的

どんな映画なのか凄く楽しみ

話は戻り3人の俳優=“スター”について

でもこの3人は初めからもちろん“スター”ではなかった

それぞれに“きっかけ”があり彼ら、彼女らはスターの階段を駆け上がっていく

4.3人の“ハリウッドスター”と3本の映画

“リバー・ランズ・スルー・イット”

主演 ブラッドピット

上映時間 124分

“ギルバートグレイプ”

主演 レオナルドディカプリオ

上映時間 118分

“ウルフ・オブ・ウォールストリート” 

出演 マーゴットロビー ※主演はディカプリオ 

上映時間179分

どれも長い映画

なので普段使いできる映画ではございません

今までの法則には当てはまらない作品群

でもどうしても知ってほしい!

彼らが“ハリウッドスター”になる前の作品

物事には必ず“きっかけ”がある

リバー・ランズ・スルー・イット(1994) 

リバー・ランズ・スルー・イット(1992)
A River Runs Through It 引用

“リバー・ランズ・スルー・イット”はモンタナ州の雄大な自然とフライ・フィッシングを通して家族の交流を描いた作品

真面目で秀才の兄と自由奔放で陽気な弟が主人公

この弟を演じているのがブラッド・ピット

盛り上がる映画では決してないけど、大自然の美しさに負けず劣らずブラッド・ピットが美しい

往年のロバート・レッドフォードを彷彿とさせると当時大絶賛

アカデミー賞撮影賞等も受賞している良作

この作品を通してブラッド・ピットは若手俳優としての地位を確立

『ギルバート・グレイプ』(1993)

ギルバート・グレイプ(1993)
What’s Eating Gilbert Grape 引用

“ギルバートグレイプ”はジョニーデップも主演の1人

父親が自殺し、そのショックで7年間引き込まりになってしまう母親と知的障がいを持つ弟を支える主人公=ジョニー・デップ

弟役がレオナルド・ディカプリオ

リアルな知的障がい者の演技が絶賛されディカプリオは19歳でアカデミー賞助演男優賞にノミネート

レオナルド・ディカプリオはこの映画からスタートしたと言っても過言ではない

『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』(2013)

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013)
The Wolf of Wall Street 引用

レオナルド・ディカプリオ主演の話題作だけど、ただその相手役として注目を集めたのが

マーゴット・ロビー
Margot Robbie 引用

マーゴット・ロビー

劇中のレオナルド・ディカプリオも一目惚れする魅力的な女性=ナオミを熱演

映画の中で強烈な印象を残した彼女は一気にブレイク

僕も鑑賞後にとりあえず“あの女優は誰だ?”とインターネットを検索した記憶があります

可愛らしさと危なっかしさ両方を兼ね備えた今最も注目されている女優の1人

この映画を“きっかけ”にその名を知ら締めました

それぞれの“きっかけ”をその目で確かめてみてください

映画をチョイスする時

“ハリウッドスター”と呼ばれるその人達の“きっかけ”を探ってみてはいかがでしょう

5.百聞は一見にしかず

あーだこーだ言う前にとにかく観た方が早い!

百聞は一見にしかずとはまさにこの事!

“ハリウッドスター”たる理由を語るよりもその1本の映画を見れば理由は明らか

3人の“きっかけ”を知った時、また映画を好きになる“きっかけ”になれば嬉しいです

星の数程ある映画の中から今日見る1本を選択する

自分の運命は自分で選択するべき!

ただし正しい方法を知っていないとその選択は後悔になるのかも

“きっかけ”をテーマに好きな俳優の過去の映画を探ってみてください

その裏側にある彼ら、彼女らの努力は未来の自分の“きっかけ”になるのかも

6.まとめ

あなたにも今の自分を作った“きっかけ”があるはず

その時の思いはまだ残っていますか

僕もこのブログを始めた“きっかけ”がありその“きっかけ”から随分と時が経ちました

まだまだ行きます

大好きなハリウッドスター

ブラッド・ピット

レオナルド・ディカプリオ

マーゴット・ロビー

彼らほど遠い場所には行けないかもしれないけど少し近づくために“きっかけ”の時

思い描いた夢を叶えるため

早く最新作が見たい!

Follow me!

コメントを残す