あなたは何者なのか、どこの誰なのかをハッキリさせた方がいいのかもしれない

僕は今東京のど真ん中で働いています

東京駅の近く

丸の内と言えば丸の内

2017東京駅丸の内駅舎

東京暮らしはこの駅から始まりました

そういえばこの時は工事してたね

今は工事も終わってめちゃくちゃキレイになってます

何度見てもやっぱりカッコいいし大阪から想像する“大都会東京”を象徴する駅舎

象徴と言えばなんか、ど真ん中にあるイメージ

でも東京に住み、“東京とは?”を学んでいくと

東京のど真ん中は東京駅じゃございません

??

東京都 地図

東京って横に長いんだ・・・

仕事で東京のあちらこちらを歩いたこともありますが

とにかく広い

僕は勝手に東京のど真ん中でバリバリ働いていると思っていたら

正確には

東京のすみっこでせかせかと働いていました

言葉にするとなんかイメージと違う・・・

本当の“東京のど真ん中”は国分寺にあるみたいです

上の地図で探してみてください

知らなかったです

国分寺と聞けば、関西で言えば“奈良”のイメージ

僕は大阪人であり今は東京人

大阪人からすると

東京に魂を売りやがった

きっとこう言うでしょう

僕も東京を経験していなければ東京にいる関西人をディスっていたと思います

幼馴染が東京に僕より1年早く引っ越しました

彼は標準語になってしまいました

ルミネ”の発音が違う

文章にするとわからないけど、ちょっとずつ標準語と関西弁の発音って違う

違和感はもうないけど大阪人からすると標準語は鼻につく感じがする

大阪人なら“ルミネ”より“ルクア”だろって感じ

東京では関西弁がモテるみたいな事も大阪にいる時聞いた事があります

そんな事ない・・・

どこへ行っても

関西の人?

買い物をすれば店員さんに

旅行ですか?

ツッコミがもうめんどくさい

お昼に後輩に

マクドでも食べる?

後輩が

やっぱり関西の人ってマクドって言うんですね

モテる”と言うよりは“目立つ”が正解なのかもしれません

日々東京の色に染まっていく部分、染まらない部分

特に意識もしてないけど、僕の言葉は関西弁のまま

でもエスカレーターは左が落ち着くようになっている

大阪は右、東京は左

大阪人であり東京人

東京は田舎者の集まり

東京という幻想を田舎者たちで必死で築いているのかもしれません

その標準語の幼馴染との恵比寿でごはんをした時

僕はブログをスタートしてみた、見てくれる?

始めてごろりさん、忙しいニートキム兄以外にリアルな友達に話してみました

彼女にも今は内緒

まだまだ小さなつぼみなんでもっと花咲かせてから彼女には話してみたいと思います

カッコつけたいだけ

この標準語に染まってしまった“ルミネ野郎”とはなんでも話せる仲

お酒と音楽、女の子、仕事、笑い

大体が同じ感覚で話せる仲

東京で唯一気を許せるツレ

そんな彼に打ち明けてみた時にくれたアドバイス

東京カレンダー知ってる?

東京カレンダー

彼は飲食店のサービスマン

美味しいものと美味しいお酒にめちゃめちゃ詳しい

その彼が教えてくれた東京カレンダー

美味しいレストランが色々と掲載されているサイト

他にも色んなシチュエーションがあって、そこに合うお店の紹介だったり、

東京と言えば、みたいな男女の恋愛に関する小話みたいな記事がちょこちょことあったり

シーン毎におすすめのお店が紹介されてたりと面白い

アプリもあるらしい

まだ僕はちゃんと見てないけど

「ただ、会いたかったの…」冷静な男が理性を失い、噂の美女に衝動的にキスした代償

めちゃ気になる・・・

流石、東京に魂を売った幼馴染

情報に精通している

“tarodeppが何者なのか、どこの誰なのかをハッキリさせた方がいい”

一緒にお好み焼きを食べながらめちゃめちゃ腑に落ちた

東京カレンダーは東京に憧れる人だったり

20代後半~30代の東京で働くちょっとリッチな人達向けに作られている

まだしっかり見れてないとこもあるんで間違ってたらごめんなさい

peelabanana=一皮むける

シンボルカラー=黄色?

シンボルカラーだったりテーマやキャラクターを設定したつもりだった

でも現実世界では

あなたはどこの誰で何をしている人?

このブログをたまたま見た人は書いた人に質問すると思う

知りたい答えがないのに読み進める事はなかなか難しい

ターゲットを絞る

そんな当たり前な事もできていない

親友は気付かせてくれました

なので僕はその日から

東京の丸の内(付近)で働くサラリーマン=“tarodepp”

と謳うことにしました

丸の内サラリーマン

なんか東京っぽくてカッコいいじゃん

喋る言葉も標準語になりました

すぐに関西弁になりますが・・・

でもまだまだ足りない

もっともっと作りこまなきゃ

今日はブログ書くとか言って音沙汰がなくなったごろりさんと共に

健康に関する記事は皆さんにも好評みたいです

健康でいる事、健康でいられる事も常に学ばなければいけない

peelabanana=一皮むける

一皮むけようと思ってもまずは“健康”でなければならない

僕は“健康”には詳しくはないけど、僕の味方に“健康”に詳しい理学療法士先生がいます

僕はそいつが“peelabanana”するまで舞台を整える作業に徹します

皆さん、もう少し待ってて下さいね

Follow me!

コメントを残す