理学療法士としてできること(個人で働く元理学療法士の活動)

気がつけば僕のブログ更新が1ヶ月以上も止まっておりました。


私生活もバタバタしていますが、おかげさまで滋賀での仕事も少し増え、言い訳の多い日が続いています。

報告したいこと書きたいテーマもたくさんあるんですが、今日は前に関わった利用者さんのことを紹介します。

昨年の12月から寝たきりになってしまったとあるおじいちゃん。
訪問看護とリハの介入もあり、少しずつ体調も落ち着いて、自分のことが気になってきました他のか、
ある日のリハビリ中に

「久しぶりに散髪がしたい。」

しかし、およそ5か月にわたる寝たきり生活は体に様々な影響を与えていて、現在はベットのふちに5分座れるだけでした。

滋賀に来てから知り合った訪問美容のサービスがあったのですが、せめてカットをするのに15分程度は座る必要があるだろうと予想していました。

しかし、僕は環境を整えればカット中は座っていられる!
そう判断し、家族の方と相談のうえ、訪問美容師さんを予約。

電話をしてみるとたまたま空いていて
早速、翌日にきてくれることになりました。

そこからはあっという間でした。

散髪前のおじいちゃん なんとなく元気のない顔をしています

当日は朝10時に美容師さんと到着。
カットの前に血圧や体温を測り、体調チェック。

問題なかったためベットの上で髭剃り。
それも終わりいよいよ、頭髪のカットです。

車椅子にクッションをひき、腰痛対策に背中にもクッションをいれ、いざ乗り移り。

久しぶりのため足が踏ん張れず重たい!しかし、おじいちゃんなりにグッと踏ん張ってくれたおかげで乗り移りは出来ました。

そうこうしているうちにカット開始。

あっという間にカットをしてもらい、気がつけばここで15分。

セルフィーで動画を撮りました!

完成です。

めっちゃイケメン。

寝たきりのおじいちゃんだった人がどこかの町会長のような雰囲気に。

本当に嬉しそうな表情です

その後も嬉しそうに美容師を見送り、鏡を見ながら自分の顔を確認し、みんなにありがとうを言いつつおよそ35分座っていることができました。

ベッドに戻ってからも手鏡を確認される姿をみて、おじいちゃんがやりたいことをやるお手伝いができたことを感じました。

とにかく嬉しそうな顔を見るのが何よりのやりがいです。

僕と訪問美容師が帰ったあとに、家族様から連絡がありました。 「また鏡とってくれ、と言ってます。あんなに喜ぶと思わなかった。ありがとうございます。」との感想をいただきました。

せっかくリハビリしてるなら、やりたいことをなんとか聞き出して、目標にしていきたいですね。

今回、ご協力いただいた訪問美容師さんは きれいや さんです!
きれいやさんのブログでも取り上げていただきました!
非常に良心的な価格設定で、訪問美容をどこに頼んでいいか迷い中の方にはおすすめです!

理学療法士の評価、判断から地域の資源、社会資源をうまくつなげていくことがとても大事で、仕事の仕方の一つだと思っています。
もちろん今回もケアマネさんの許可を得た上で進めた連携となっています。
どこで、どんな取り組みがあるか、サービスがあるかも勉強していかないといけませんね!

Follow me!

コメントを残す