happy valentine’s day

文字が上手く書けなかった・・・

しかも日を跨いでしまうという

ハッピーバレンタイン!

会社の女子達もざわざわしてたハッピーバレンタインデー前夜

「今年はチョコは無しなので悪しからず」

??

夜ニュースを見てたら会社での義理チョコを禁止する動きも出ているよう

日本だけなんですね

女子から男子にチョコを贈るのは

愛の国=フランスでは

バレンタインは「恋人たちのお祭りの日」で男性から女性にプレゼントをするのが一般的
当日、お花屋さんには“あなたを愛します”という花言葉を持つ真っ赤なバラの花を買い求める男性が殺到するそうです。

台湾では


台湾は2月14日だけでなく、旧暦の7月7日にもバレンタインデーがあります。
こちらもバラの花を贈るのですが、1本なら「あなただけを愛している」、11本なら「一番好き」、99本なら「一生好き」、108本なら「結婚して」と本数によって意味が決まっていまるみたいです

イギリスでは

イギリスでは、カードを贈って好きな人に告白します。
18世紀に始まったバレンタインカードですが、贈り主の名前はあえて書かないのも伝統だそう

ではなぜ日本だけ女性から男性へなのか

■1958年


メリーチョコレートが新宿の伊勢丹デパートでバレンタイン・キャンペーンを開催し、女性から男性へチョコレートを贈ることを提案する
なぜ女性から男性へなのか?それは主な買い物客が女性であることや、その頃の日本はアメリカのウーマン・リブ運動の影響を受け、女性が恋愛の主導権を握ろうというムードがあったから 時代を読んだ斬新な提案だったようでこの辺りから女性から男性にチョコを渡す習慣が生まれたようです

百貨店とかチョコ屋さんのマーケティング戦略が文化を作ったんですね

時代は変わり会社の女子社員達はお返しも面倒でしょ?と渡さない理由を並べ

文化が終わろうとしています

女子から男子へ

そもそもこの法則が前提であれば男子にはまずもらうorもらわないの権限はなく

わざわざあげないですと面と向かって言わなくても・・・

わかりました・・・

としか言えないんですが・・・

しかも皆で職場の男子にまとめて買おうとする女子

女子1人で皆にチョコを配ると、他の女子からは媚びてるとかぶりっことか言わるんでしょうね

女子の世界は厳しい

■バレンタインデーは、愛する人に“愛しています”と伝える日

職場や友達とか普段お世話になっている人に感謝を伝える意味ではいいと思うのですが、

チョコをあげなきゃいけない

チョコどれにしよう

チョコ予算いくらまで?

どうでもいいです

チョコが大事ではなくて気持ちが大事

ですよね?

来年からは家族や恋人に“ありがとう”と伝える日という事にしませんか?

なので祝日にしてもらっていいですかね?

切実に

Follow me!

コメントを残す