海外のBUCKET LIST

https://www.bucketlist.net/

BUCKET LISTを集める旅は映画だけの話だと思っていました

上記のサイトを見つけるまでは…

パソコンの翻訳機能で翻訳しても奇妙な日本語で語られておりますが

なんとなくBUCKET LISTの集合体のようなサイトだという事はわかります

正直実際にBUCKET LISTを集める事自体が画期的だと思っていました

全然です

世界は本当に広いです

既に集めて形にして支援者を募っているサイトがここにありました

ただ日本のサイトではないことは確かです

海外の人たちの夢は壮大で遊び心があって見ているだけで自分自身も思い描き行動に移してみたいと思えるような

そんなリストがたくさんあります

タイムズスクエアに行く

ブルックリン橋を渡る

豚と一緒に泳ぐ

どういうこと!?

海外の人たちの夢は想像を超えてきます

海外行きたい欲は年々増しています

いつかは・・・

と思いながら大学卒業旅行も九州を選択しました

パスポートってどこでもらえるの?

お金かかるの?

空港でパスポートにハンコをただ押してほしい

知識が全くない分小さな事でも感動できそうな気がします

海外は一旦置いておいて・・・(結局また先延ばしにする)

言い訳をするとどこへ行くかより誰と行くかを大事にしているので

じっくり選んでいたらまだ行けていないだけ

海外のBUCKET LISTは参考になりました

何より自分自身が考えていることが多くの人と共感できる普遍的なものであることが証明できたような気がします

BUCKET LISTを集める

そこには世界を縦断できる希望が詰まっているのかもしれません

この旅の終わりを日本ではないどこかで終えていたいと思います

後もう1つ気づいたことは日本で似たようなサイトがないってこと

あるのかもしれませんが、有名なものはないはずです

なおかつシニアと呼ばれる人たちの夢のリストばかりを集めたサイトがもし作れるのであれば

世界初になるのかもしれません

誰が興味あるのかは今はわかりません

ただ自分自身が知りたいという気持ちは真実であり、

年齢も生きてきた時代も悩みも全然違う人達の頭の片隅を覗いてみる

結局いつかは自分たちもそこに行くのは確実で

夢と思いを共有する=シェアする

僕たち中途半端な30代が懸け橋になれるように行動する

インターネットは世界を狭くしました

大部分のシニアと呼ばれる人達はまだその世界に足を踏み入れていないような気がします

僕たちデジタルネイティブがインターネットを当たり前に使えるように

まだ足を踏み入れていない人たちをこの世界にお誘いしてみてもいいんじゃないかな

どのように行動していくかは山の中の石の上で考えてみたいと思います

若い時はシュッとしてたんだね

Follow me!

コメントを残す