歳を重ねる

人っていつかおばあちゃん、おじいちゃんになるんですよね。

今は全く想像できなくて

ただ10代の時に30代になるって想像もしてなくて、今は30代。

30歳丁度にドラクエでレベルアップしたみたいに音がなったらいいのに、

30歳の誕生日は何してたかも思い出せません。

それなりに楽しんだ記憶もあるので完全に不幸というわけでもないです。

楽しく過ごしていたと思います。

でもこういう風に20、30.40.50、60…

歳を取って行くんだろうと思ったときにすごく怖くなりました。

歳を取ることにはどうしてもあらがえない。

そんなことは当たり前で、ただ歳を取る事は悪いことなのかな?

歳を取れば余計に歳の割にとか、いい歳してとか、病気、お金、責任なんかいっぱい背中に乗ってきている気がします。

その重圧に耐えられないと歳取らなきゃよかったと思う事もあります。

そんな事は無理なんですけど。

でも最近考え方を変えました。

歳を重ねる準備をしよう。

歳を重ねる方法って意外に知らなくて、歳の重ね方を学ぶことにしました。

歳を重ねた人たち=高齢者

高齢者という呼び方の雰囲気が嫌いなのですがわかりやすく書くためにそう表現します。

人生の先輩達、それも1歳、2歳の話ではなく想像もできない歳の差の先輩達の事を知り、

時間や歳を重ねる事に臆病にならず準備していきたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

前の記事

高齢者の共通点